事業戦略

a-worksがめざす
事業の在り方
IDENTITY 事業において発揮すべき a-worksの個性 MISSION 事業を通して 達成するべき取り組み VISION 事業の先にある 最高の未来像 VALUES 仕事のなかで一人ひとりが 大切にしている価値基準 CONCEPT 事業に活かされる a-worksの強み

作図参考文献:『THE VISION』江上隆夫著
(朝日新聞出版、2019年1月18日発行)

VISION 事業の先にある 最高の未来像
出会った人の、
明日を変える
インターネットで本当に起こるべき
出会いを起こし、関わる人をゆたかにする
 

インターネットという便利なツールを、誰でも手軽に使える時代がやって来たのに、 実は今、困っている人がたくさんいます。

せっかく良い商品があるのに、 その良さを知ってもらう方法が分からないという人がいます。その反対側には、じぶんの想いに応えてくれる商品が見つからず、悩みを抱えている人たちがいます。

本当に良いものを届けられないとしたら、インターネットは何のためにあるのだろう?

私たちはインターネットのもつ力を、本当に伝えるべきブランドを光り輝かせるために使いたい。「これすごい!」と心から喜べる出会いを、もっとネットで増やしていきたい。a-worksは、生活者が本当に求めていることを見つけ、その願いにしっかり応えようとするブランドと一緒に、よりゆたかな購買体験と暮らしをつくっていきます。

MISSION 事業を通して 達成するべき取り組み
ブランドの想いに、
応えきる
世の中に良い影響を与えようとしている
ブランドとともに、本質的な成長をめざす
 

世の中を、こんな風に変えたい。こんな暮らしを広げたい。こんな人をふやしたい。「想いあるブランド」とは、ただ商品が売れればいいという考えではなく、ブランドをとおして実現したい「何か」を持っている人たちのことです。

a-worksは、そんなブランドの真のパートナーになって、想いを一緒に叶えていきたい。

自社のノルマを達成するために、無理なモノ売りやクリック数稼ぎに走ったり、目先の利益ばかりを追うことを、マーケティングとは呼びたくない。a-worksはちゃんとマーケティングをして、ブランドが実現したいゴールを見据え、商品を届けるべき人に届けていきたい。私たちはブランドの本質的なスケールアップを起こして、関わるすべての人をゆたかにしていきます。

IDENTITY 事業において発揮すべき a-worksの個性
代わりのいない代理店
誠実さと戦略を併せ持つ、
ビジネスパートナー
 

「あなたたちは、広告代理店ではないですね」。a-worksの仕事に対して、そんなことを言われたお客様がいました。

自社が扱う媒体を紹介したり、制作実績を売り込むことよりもまず、「ブランドが、どう在りたいのか?どうなりたいのか?」本質的な部分と向き合ってくれたというのです。決められた運用メニューや制作を回していれば、はるかに楽かもしれません。

しかし、問題が起こっていれば時には裏側の仕組みやシステムにも踏み込み、たとえ一時的に売上が下がったとしても、根本的解決のほうにまず取り組みます。お客様にとって何が最善か。そこを常に考え、戦略を描けてこそ、a-worksメンバーだと言えます。

CONCEPT 事業に活かされる a-worksの強み
●大手にできない最高の費用対効果

広告代理店の多くは、広告メディアや制作物を販売して、そこから何%かのフィーを得るというかたちでビジネスを回しているため、大きな広告メディアを売ることが仕事になりがちです。このため安価な広告枠ほど、大手では扱われにくくなります。しかしブランドの立場から考えると、新規顧客を獲得する単価を抑えられたほうが良いし、その分、より良い製品づくりやサービスのために予算を使えるようになります。
a-worksは、大手が参入しにくい成果報酬型のマーケティングで独自の領域を切り拓き、新規顧客を増やしながら獲得単価を下げるという新しいビジネスモデルを創造してきました。

●100%共創型

発注主と業者/外注先という関係からは、何も生まれないと考えています。言われたことに「NO」といえない御用聞きスタイルでは、本当にそのブランドのためになる活動はできないと考えています。
私たちは、本当の信頼関係と協力関係を築けるブランドとだけパートナーシップをむすぶ、「Brand Co-Creation(ブランドとの共創型ビジネス)」を広げようとしています。a-worksのビジネスは、100%共創型。企業として、そんな在り方をめざしています。

●惜しみなく全開示

ふつうの広告代理店は、自分たちの利益構造を見せまいとします。インターネット広告の管理画面さえ見せてくれない場合がほとんどです。a-worksは、クリック数も単価も利益率もオープンにして、あらゆる情報を全開示しています。「透明性を担保したい」という理由に加えて、たとえ情報をすべてオープンにしても「真似のできない運用をしている」という自信があるからです。
インターネットを活用したコンテンツマーケティングにおいて、日本屈指の知識と実践的ノウハウ、ネットワークを培ってきたa-works。そのノウハウをパートナーに惜しみなく提供し、すげぇ成果を生み出していきます。

VALUES 仕事のなかで一人ひとりが 大切にしている価値基準
●ブランド愛を燃やそう

「ブランドの想いに応えきる」ために、そのブランドを心の底から愛する姿勢をもちたいと思います。愛があるから、相手のことを知ろうとする。とことん考えて、相手のために動こうとする。まずは、愛からはじまります。

●自分基準から感動基準へ

仕事のアウトプットを、自分という枠を超えて、未知のレベルまで引き上げていくこと。そこから「すげぇこと」が生まれ、ブランドの本質的な成長や、自分たち自身の人生の意義を高めることにつながると考えています。

●センターピンを倒そう

私たちの仕事の価値は「限られた時間と資源のなかで、いかに有効なアウトプットを生み出すか」で決まります。そのために一番重要なビジネスドライバーはどこか。ここを見つけて攻めることを、常に意識したいと思います。

●信じ合おう、高め合おう

一人ではできないことを成し遂げるために、a-worksという組織があるのだとしたら、「お互いを高め合えるチーム」でありたいと思います。自分を開示して、信頼という土台を築くところから、チームをつくっていきます。

●美しい逆張りを

ベンチャー企業として大手資本にはない存在価値を発揮するために、大手が思いも寄らないような発想でビジネスをつくってきました。逆張りのようでいて、実はビジネスとして美しく筋が通っている。そんな創造的な発想を大切にしていきます。

SITEMAP
Copyright © 2015 a-works 株式会社. All rights reserved.