アカウントプランナー A・S

ーー入社からこれまでについて教えてください。

大学卒業後、証券会社に入社しました。当初は、社会的意義もあり自分を高められる仕事だと思って志望しましたが、実際に仕事を始めてみたら、お客様と共通の目標に向かって共に高め合えているという感覚を見いだせなくて。自分は本当はどんな仕事がしたいのかを見つめ直していたときにa-worksを見つけ、会社の考え方に共感し、転職を決めました。現在は、アカウントプランナーとして主にアフィリエイト広告の運用を担当しています。

ーー未経験での入社ですが、苦労されたことは何でしょうか。

最初の数年は、クライアント担当者と対等に話ができるマーケティング知識や経験が圧倒的に足りないことに課題を感じていました。また、アフィリエイトは広告施策の一部ですので、こちらがいいソリューションを提供できたとしても、該当商品の広告全体の成果がよくなるわけではありません。よりよい提案をおこなうためには広告そのものの構造を理解する必要があると気づいてからは、社外のセミナーや勉強会に参加したり書籍を読み漁ったりと、インプットにかなり時間を割きました。

ーーアカウントプランナーに必要な資質とは?

広告プランを考えるためにはマーケティングの知識が求められますが、マーケティングは時代とともに定義が変わるため、勉強し続ける必要があると思います。だからまずは、その情熱を持っていることが重要ではないでしょうか。また、アフィリエイト広告運用と聞くとパソコンにずっと向き合っているというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、アカウントプランナーはクライアント様やメディア運営者様と直に会話をすることも多いので、コミュニケーション力がとても求められます。


と言いつつも、実は自分自身、過去に何をやってもうまく行かなかった時期がありました。抱えている仕事をすべてひとりで解決しようとし、クライアントとも深いコミュニケーションを取れず、言われたことをとりあえず「できる」と答えてしまっていたんですね。そうしたときに、上司から「ひとりでやれることはたかが知れている。チームもクライアントも巻き込んで仕事をしないと大きなアウトプットは引き出せない」とのアドバイスをいただいて。理解してから行動に移せるまでに時間はかかりましたが、自分からあらゆる方向へコミュニケーションを取りにいくようにしようと意識を持つことで、仕事へのスタンスを変えることができました。

それからは、クライアントから要望を聞いたうえで、できることとできないことを線引きできる力、自分にとってのものさしを持てるようになりました。自分の軸を持てたことで的確な意見を言えるようになり、社内でも社外においても、コミュニケーションの幅が広がったと感じています。

ーー自分の仕事がきちんと評価されていると感じますか。

自身への評価を日々の仕事のなかで感じる機会が多いのは、a-worksの特長だと思います。無理なノルマを負わされることはありませんし、評価軸は「成果につながる高いレベルのアウトプット」だと明言されています。例えば、現時点で最大限のアウトプットを出せたとしてもすぐに結果につながらない仕事は多々あると思いますが、そこも考慮して適正な評価をいただける仕組みになっています。

また、a-worksは人に向き合うことをとても大切にしている会社。先ほど挙げた仕事へのアドバイスもそうですが、失敗してしまったときもただ指摘するだけではなく、同僚や上司が“これから自分がどうありたいか”を一緒に考えてくれる文化があります。自分自身、そうした機会に何度も助けられました。


ーー今後のキャリアイメージを教えてください。

“本質にこだわった仕事”がしたいとはずっと思っています。例えばアカウントプランナーの仕事で言うと、お客さまの広告費を抑えながら新規獲得件数を伸ばしていくことが主な仕事です。けれど、「新規獲得件数」というKPIのみを追いかけるあまり、長期目線で事業成長に繋がる施策が提案できていない場合、それは本質的ではないとわたしは思います。そうした視点をあまり重視していないクライアントや、裏付けのない広告戦略に予算を割いているクライアントに、弊社のソリューションを軸とした本質的なマーケティング戦略提案をすることに価値があると思っているので、これからも積極的に取り組んでいきたいですね。

また、わたしには地元の温泉街を盛り上げたいという夢があり、今はそのための力をつける時間だと思っています。退職後、定年後の目標ではなく、a-worksなら会社にいながらにしてその夢を叶えられると思っていますし、同時に会社の貢献にもつながるような施策を実現できたら最高ですね。