スタッフ日記

経験者だから語れる、大学院留学のメリットとデメリット

  • この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告運用グループに所属しています加藤龍司です。
海外の大学院を卒業後、マーケティング・リサーチ会社で営業をしておりました。今年の5月よりa-worksにジョインしております。
今日は、自分の留学経験を通して思ったことをシェアしたいと思います。これから留学を考えている方のお役に立てたら幸いです!

タイミングは今しかないと思った

18799238211_455a58539e_z

通っていた大学院の近所の風景です

自分は大学卒業後にオーストラリアに7ヶ月語学留学した後に、ロンドンの大学院に1年半ほど留学をし、マーケティングを学びました。まだ学びたい! という欲求があった事、それに、行けるタイミングは若い今しかないと思った事が主な理由です。年の離れた兄と姉が、留学していた影響も少し受けていたかもしれません。大学在学中の早い段階で、卒業後に留学する事を決めたので、いわゆる就活はしませんでした。

就職活動が出来ない!

留学に行って感じたデメリットからお話すると、就職活動を海外で行わなければならない、という点が大きかったです。ESの提出等はネットを使ってロンドンから出来たのですが、書類選考をパスしていざ面接! となった際に、帰国出来ずに結局ダメになる、という事を何度も繰り返しました。当たり前の話なのですが、面接に行けないという点でかなり不利な為、就職浪人等もやむ無し、という意気込みが必要かもしれません。自分の場合は、海外で行われていた、留学生向けの就職フェアで就職が決まりました。留学先を決める際は、卒業後にどのように就職を決めるのかまでをイメージしながら決めたほうがいいと思います。

それでもやっぱりおすすめしたい大学院留学

img_0676

クラスメイト達

先にお話したデメリットも、捉え方次第ではメリットです。留学をすれば、日本では中々考えられない海外の企業への就職という道があるからです。かなり狭き門ではあるので、相当頑張らないと難しいとは思いますが…。他に大学院留学のメリットを挙げるとするならば、英語力がつくのはもちろんですが、海外でビジネス経験のある人達と共に学べる事が挙げられると思います。時としてクラスメイトが先生になるケースもあったりと、海外の活きたマーケティングを知る、とてもいい機会だったと思っています。

自分が学生の頃に比べて、留学に対するハードルは下がっていると思います。自分は大学院からの留学を選びましたが、今ではいきなり海外の大学に行くことも出来ますし、大学在学中に留学をしたほうが、就職活動が出来る、という面において有利です。もし今高校生だったら、迷わず海外の大学を選びますし、大学生だったら留学することを目指します。

我々a-worksも今期より、海外展開をスタートします(海外で働いてくれるプロジェクトマネージャーも募集中です!)。グローバル化を目指すa-worksと共に、自分自信もさらにスキルを磨いていきたいと思います!

  • この記事をシェアするこの記事をシェアする
WANTEDLY 求人情報はコチラから

FACEBOOK

PAGETOP