2020NENMATSUブログ

2020年も残りわずか。大晦日はいつものように野山がお届けします。

2020年は私から申し上げるまでもなく、新型コロナウイルスの感染拡大を起点として今まであったいわゆる”当たり前”が大きく変わった1年でしたよね。
そして、2019年のNENMATSUブログでは、超まじハンパなくしんどかったんすよね的なかっこ悪い発信をしていることもあり、皆様ご心配をおかけしました。

取り急ぎの近況報告と、いまどんな何を考えて、これから何に取り組んでいこうとしているのか、等。徒然なるままにお話させてもらえれば幸いでございます。

まず、この1年は前期で業績が厳しかったこともあり(当時の前年比30%ダウン..)事業と組織の大幅な立て直し、いわゆる「V字回復」を実現させる事が特大ミッション。
2019年の終わりには、何となくその道筋が見えてきたかな…って感じの感覚をもって2020年のスタートができたものの、すぐさまコロナの感染拡大と来たもんだ。どうなんのマヂこれから…という感じでブレーキとアクセルを同時に踏みながら前に進ませる感覚だったような気がしています。

結果的には、コロナの影響はEC事業者さんの売上にはプラスに働いた為、追い風に。
この自粛タイミングで、フルリモートカンパニーになることへの意思決定もしたことから販管費の中の様々な項目が削りに削られたことも大きかったです。

加えて、我々の広告代理事業におけるメディア買い付け方針が本質的なこと、倫理的なこと、コンプライアンス遵守をかなり意識してきたからこそ。どんどん広告規制が厳しくなる中でも審査に落ちることが無く、本当にいい広告枠を確保できたことをキッカケにそこから急激な垂直立て直し?が実現できています。(いやはや、皆様本当にご心配をおかけしました。)

また、V字回復に向き合う中で、今までのビジネスモデル(構造)では世の中の変化のスピードに対応できなくなることに対しての危機感が強く、代理業の在り方も幅を持たせ、自社メディアも複数つくりこむことでニーズの変化にもクイックに対応できるように進めてくることが出来ました。

そして、さらにはEC事業者さんの様々な課題に合わせてオーダーメイドにて課題解決を共に行うプロジェクト型コンサルティングの事業もスタートしています。

この事業を選んだ理由としては、「こだわりのあるブランド企業様のこだわりに向き合う」ことが中小企業としてのa-worksの役割と捉えているからです。
この流れで、C2Cアフィ代理店からブランド支援企業に進化できたらいいなと想いを馳せつつ。来年早々には事例をいくつか発表できるように頑張ります笑。

ちなみに組織においては、1年前に比べると格段によい状態に進化しているように思います。
1年を通していろんな取り組みをしてきた訳ですが、中でも1番一致団結し、皆の才能が輝き出したキッカケをシェアさせていただくと【今期、僕らは何の為に、何をするのか】を全員で決めることだったかなと感じています。

言葉にしてしまえば、とても一般的な(普通な)事、表現かもしれませんが全員が意思決定の場に参加し、意見を言い合え、一番フィットする未来を描くこと。結果、個人個人を尊重した会社の在り方を実現することを目的としました。大手企業さんではなかなか出来ないことじゃないかなと思います。

メンバー全員の才能や価値観、ライフスタイルを尊重しながら単純にお金を稼ごう!じゃなくて、人生の意義を高めることを第一義としてビジネスに組織全体で向き合えている事。このスタイルをもっと2021年は高められたら嬉しいな、とか思ったり。

さて、長々と書いてしまいすいません。直近のa-worksは上記のような感じで、楽しみつつ仕事の意味や働く意味を全員で見出しながら日々頑張っております。

振り返ると、今までに急成長も、大きな売上下落も。組織崩壊も(https://shigoto100.com/a-works_3)、たくさんの経験をさせてもらいました。
良い事も悪い事も、何かがある度にみんなでその意味に一生懸命に向き合いなんとか乗り越えてくることができました。そんな1年を経て、”a-worksが本当にどう在りたいのか”がわかってきたように思います。

これからのa-worksは、改めて。事業も組織も、大手企業には実現できない自由な中小企業だからこそできる価値を創り上げることで、関わってくれる皆様の幸せに向き合う会社でありたいと考えています。

2021年もきっと(いや必ず)色々あるとは思いますが、いや〜本当によい1年だったな。と年末に仲間たちと振り返りができたら幸せなんだろうな…そんな瞬間を描きながら、我々だから進める道を価値ある道だと信じて、しっかりと前を向き来年も一生懸命に生きて、仕事を頑張ろうと思います。

それでは皆様、2021年も何卒よろしくお願い致します。

2020.12.31野山大彰

ページの先頭へ