2017NENMATSUブログ

さて、本日は2017年12月31日。
年末(NENMATSU)恒例のブログをお楽しみにしていただけた
皆様こんばんわ。

あなたの野山でございます。

2017年は、個人的には創業から10年目を迎える上で
初めて長期休暇(チャレンジ休暇といって毎年2週間の休みを取る制度がawにはあるんだぜ)
を取らせていただいて、ケニアへ行かせていただき。

マサイ族と遊んでもらいました笑。

全くと言っていいくらい、PCスマホを見ないで過ごす2週間はとても新鮮で、
改めてこれから個人としてどう生きようか、会社はどっちの方向に進めて行こうかを
考えるとてもいい時間を過ごさせていただきました。

仕事においては、[素敵な人たちから求められる会社になろう]
というVisionをより求めて形にしていくために、
[我々も含めた関わる皆が豊かになる]事を目標に
今後の取り組み方を考え直し、

今まで多くの発注を頂けてた企業様にしても
今後の方向性が合致していない企業様には取引終了をお願いし。

より我々をバランスが取れた形で求めていただける企業様には、
もっと共に良い時間を過ごせるようにリソースの大きな投下した事が、
より良い2018年を作るに違いないと考え大きな決断をした年になりました。

また、採用でも海外事業も一気に進めた結果
色々とトラブルはあるものの、苦笑
これからの組織の進化や会社の行く末を考えた上で、
とても必要なチャレンジができた年でもあったかと思っています。

後は、2018年のNENMATSUに、
これらの判断と行動は間違ったものではなかったと思えるだけの
努力を重ねるだけ。

a-works、2018年10月1日にて
創業から丸10年を迎えることになります。

自分の全てをこの事業であり、この”生き方”に注いできたからこそ
10周年を迎える瞬間に、多くの関わってくれた人の笑顔とともに
この2017年の決断が良かったと迎えられるように尽力してまいります。

—-

日露戦争の時代に、
秋山好古さんという日本騎兵の父と呼ばれた
陸軍軍人の先生がおられました。

先生の、
「男子は一生一事をなせば足る」
非常に有名な言葉があります。

秋山好古の生涯の意味は、”満州の野で世界最強の騎兵集団を破るというただ一点に尽きている”と。

日露戦争の際に、当時世界最強と呼ばれたコサック騎兵を封じ込めることで
日本の勝利に欠かすことのできない場面を作り上げることができました。

当時は、日本は文明的に欧米に圧倒的に遅れている中、
欧米から学び、自らの全てを注ぐことでしかこれは成し遂げられない。
そうでなければ日本は他国に乗っ取られてしまう。

その他は何も必要がない、これを成し遂げることにしか意味はないと。
そのために、命を注ぎ、強い自分であり続けやるべき事をやり切る。

私にも人生において、強く成し遂げたいことがあります。
“豊かに生きる人を増やす”が私の人生における生き方でありVisionです。

私もVisionというものを掲げる以上、
秋山先生のように強く願い、その他を捨て、自律した行動をし続けないと
叶えられるものではないとこのNENMATSUにとても勉強をさせてもらいました。

野山は改めて、2018年命を注ぐ想いで仕事を通してVisionの実現に頑張ろうと思います。
これからも引き続き、皆様に最高の価値を感じていただけるよう尽力いたしますので、
来年度も何卒よろしくお願いいたします。

2017.12.31 野山大彰

ページの先頭へ