SNS広告と「信頼」を両立!YouTuber・視聴者・クライアントが「いいね!」と思える広告とは

a-worksは、クライアント、媒体、消費者、a-worksの「四方良し」の実現を目標に掲げています。最近では、SNSなどで活躍するインフルエンサーさんとのコラボ企画も増えてきました。

今回は、YouTubeチャンネル ロジャーパパ 米国株投資 を運営するYouTuber、ロジャーパパさんをお迎えし、a-worksとの取り組みについて担当の玉石と対談させていただきました。

【本施策のクライアント視点での記事も併せてご覧ください】
YouTuberとの取り組みで商品の魅力を拡大。複数の施策を組み合わせて、4ヶ月で新規獲得3倍超を実現!

   

ロジャーパパ
2019年12月にYouTubeチャンネル ロジャーパパ 米国株投資 を開設。米国株投資の実績や銘柄紹介、投資戦略などを分かりやすくスライド形式の動画で配信し、マーケット情報やテクニカル指標などを噛み砕いた解説が人気。米大手IT企業勤務9年を経て、2021年11月よりサイドFIRE生活をスタート。FIREと同時に自分の会社を設立し投資事業を本格化。

YouTuberと視聴者の双方にメリットのある提案を

ーーa-worksでは長らくASP経由でのアフィリエイト広告をメインに手がけていますが、メディアの多様化や消費者行動の変化に伴い新たな施策をどんどん取り入れています。そのひとつが、インフルエンサーさんとのコラボ企画でした。

玉石:当時インスタグラマーさんとの取り組みはすでに実施していましたが、YouTuberさんとのお仕事は未着手だったのでぜひ手掛けてみたいと思っていました。

そうしたタイミングでAPJ MediaさんのOxford クラブを取り扱うことになったわけですが、すでにインハウスでかなりの広告を展開されており、ここからさらに数字を伸ばすためには商品の信頼度を上げることが近道だと考えました。そこで、「Oxford クラブという商品の魅力を伝えるために力を貸していただきたい」と、金融系YouTuberさんへの打診をスタートしました。

2019年創業のAPJ Mediaが運営する「Oxford  クラブ」。米国株投資を通じて資産形成するための投資戦略、技術、個別企業などの銘柄についての情報を提供している。
a-worksは、Oxford  クラブのレポートを無料で購読できるメルマガ会員の獲得を担当。

ーーロジャーパパさんのもとへはさまざまな企業から打診があるかと思いますが、a-worksからの提案を聞いた最初の印象は覚えていらっしゃいますか。

ロジャーパパさん(以下 ロジャー):僕がお声がけいただく企画は「商品や企業の紹介動画を作ってください」など、案件ごとに納品して終わり、といったものが多いんですね。ですがa-worksさんからの提案は継続が前提となっている内容だったので、僕にとっては新しいジャンルの取り組みでおもしろそうだなと感じました。

ーー紹介商品(Oxford クラブ)についてはいかがでしたか。

ロジャー:提案をいただいてからAPJ Mediaさんの存在を知ったのですが、拝見してすぐに、とても素晴らしい商品だとわかりました。

なによりびっくりしたのは、情報量の多さと充実度です。投資情報は一般的に、セクター(相場や市場を区分するグループ)、EPS(1株当たり利益)、決算といった情報を集めてまとめるものが多いんですが、Oxford クラブはそれらの情報に加えて、アメリカの著名な投資家たちの経験に裏打ちされた知見が詰まっています。米国株に関してこれほどまでに濃い情報を日本語でインプットできる商材があるのかと衝撃を受けました。

玉石:ロジャーさんとの初めての打ち合わせのときにもお話させていただいたんですけど、僕たちは、クライアント、媒体、消費者、a-worksの「四方良し」を目指してますと。広告代理店の担当者ではありますけど、広告主の立場として話しているわけではないとお伝えしました。

僕は「自分たちだけが儲かればいい」という考え方が嫌いなので、広告主も、YouTuberさんをはじめとするメディアさんも、その先にいる消費者もポジティブな状態が理想だと思っているんです。

視聴者さんが「観てよかったな」って思える動画じゃないとYouTuberさんに得はないですし、そのためには商品そのものに「紹介する価値」がないといけない。

だからa-worksは取り扱う商品も選ばせていただいてますし、そこを大事にしてくださる方と一緒にお仕事をしていきたいと思っています。

中には「儲かるんなら何でも紹介しますよ」という考えの方もいらっしゃいます。もちろん互いにしっかりと利益を上げることは重要ですが、僕は、ご自身の視聴者のことも、クライアントのこともきちんと考えてくださる方と仕事がしたい。だからこそ、そうした姿勢でYouTubeに取り組んでおられるロジャーさんに提案を受けていただいたときは本当にうれしかったですし、とても信頼が置けるパートナーだと思っています。

ロジャーパパ 米国株投資チャンネル。初心者向けコンテンツや注目銘柄など幅広い情報を発信

ロジャー:そう言っていただけてうれしいです。
玉石さんからはSNSのDMから連絡をいただいたのですが、お声がけいただいたタイミングも早かったですよね。まだチャンネル登録者数がそこまで多くない時期だった気がします。にもかかわらず一通目から内容が的確で、しっかりと僕のチャンネルを研究したうえでご提案いただいているんだなとわかりました。最初からすぐに動き出せる案件を複数提案してくれて、そこからの決定・実行も早かった。企業案件を機に長らく関係が続いているのはa-worksさんだけですね。

本取り組みを通じて「発信者としての責任感」がより強く

玉石:ロジャーさんとのお付き合いも長くなってきましたが、ずっと同じ方向性で紹介するのではなく、切り口や紹介の仕方などロジャーさんらしく工夫してくれていることがうれしいです。

ロジャー:有料のレターはもちろんなんですけど、毎日送られてくる無料メルマガもすごく読みごたえがあるんですよね。社会情勢に絡んだ話も多いので勉強になりますし、人生論というか、投資からはちょっと引いた目線での「人生においてなにが大切か」みたいな話も僕はけっこう好きで。

取り組みを始めた当時は投資情報としてのPRをメインに打ち出していましたが、最近は「今朝のメルマガのここが素敵だなと思ったんですよね」なんていう感想なども併せて紹介しています。

YouTubeのコミュニティページ。アンケート企画などもあり、視聴者と積極的にコミュニケーションを図っている

玉石:ほかの商品にも言えることですが、共感したうえで登録や購入を決めたお客さまは継続率も高いんです。そうしたコミュニケーションが可能なのは、やっぱりロジャーさんの人柄ですよね。コメント欄を見ていても、視聴者とロジャーさんとの間にきちんとした信頼関係が築けているのだと感じます。

ロジャー:ありがとうございます。僕自身、この取り組みを通じて、これまで以上に発信者としての責任の重みを学ばせてもらっています。Oxford クラブって、すごく責任感がある商品だと思うんですよね。世の中ではさまざまな企業・個人が投資助言をおこなっていますが、その振り返りをしっかり実施しているところって実は多くはありません。Oxford クラブは毎月の数字を追うだけでなく、下がったものに関しては予想が外れたことに対する迅速な報告がまずあり、加えて丁寧な説明が添えられている。併せて、トレーリングストップ※など状況に応じたテクニックも紹介するなど、読者の立場に立った発信を徹底しています。

Oxford クラブのそうした姿勢を知ったことで、「発信の責任を持たなければいけない」という気持ちが以前よりかなり強くなりました。その影響もあり、僕自身の予想の振り返りもこれまで以上にしっかりおこなっています。

※トレーリングストップ:価格が有利な方向に動いた場合、ストップ注文(逆指値)も併せて一定幅ずつ有利な方向へスライドさせる注文方法

ロジャー:a-worksさんのお仕事をきっかけに、APJ Mediaさんと直接お仕事をする機会にも恵まれました。a-worksさんを通じて知り合ったおかげで、互いに齟齬がなく、信頼を置いた状態で仕事に臨むことができました。

今はまだコロナ禍で実現できていませんが、落ち着いたらリアルなイベントなどが開催できたらいいねと話しています。

玉石:自分が関わった仕事をきっかけにしてポジティブなつながりが生まれるのは本当にうれしいです。これからもよろしくお願いします。


ロジャーパパさん、お時間をいただきありがとうございました!a-worksとの仕事をきっかけにポジティブな変化があったと聞き、とてもうれしいです。

これからも一緒に、新しい取り組みにどんどん挑戦していけたらと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします!

本取り組みのクライアントであるAPJ Mediaさんとの対談も併せてご覧ください。
YouTuberとの取り組みで商品の魅力を拡大。複数の施策を組み合わせて、4ヶ月で新規獲得3倍超を実現!

記事に出てくるOxford クラブについてはこちらから!
Oxford クラブ

▼過去のクライアントさま対談もぜひご覧ください

【対談】ミスマッチを防ぎ、応募者数アップ&優秀人材が集まる!“攻め”の採用戦略

【対談】創業45年 老舗明太子メーカーのオンライン売上を過去最高にしたコンテンツマーケティングの裏側!

エイチームライフスタイルが手掛ける化粧品ブランド「lujo」。発売から4ヶ月で1年後の目標値を実現した広告戦略とは

ページの先頭へ